ACCクルーズコントロール情報館

便利なアダプティブクルーズコントロール搭載車などの情報発信プログ

Home » ダイハツ » ダイハツ【トール】ACCクルーズコントロール搭載状況

ダイハツ【トール】ACCクルーズコントロール搭載状況

calendar

reload

ダイハツ自動車の小型車

ハイトールワゴン

【トール】1000CC

2016年11月に発売

2020年9月にマイナーチェンジが行われ

2023年2月現在、現行モデルとして販売されています

今回はダイハツ「トール」のACCクルーズコントロール搭載状況をお知らせします


ダイハツ工業の「ACC」の正式名称は

全車速追従機能付きアダプティブクルーズコントロール

そのACCの機能などを含めた運転支援システムを「スマートアシスト」と呼んでいます


2020年9月〜マイナーチェンジ・現行型

【価格】

グレード「X」約157万円

グレード「G」約175万円

グレード「Gターボ」約187万円

グレード「カスタムG」約192万円

グレード「カスタムGターボ」約201万円


2020年9月15日発売〜現行モデル(2023年2月現在)

ダイハツ「トール」の

全車速追従機能付きクルーズコントロール搭載状況は

一部グレードに標準装備です

※グレード「カスタムG」「カスタムGターボ」に標準装備

※グレード「G」「Gターボ」にメーカーオプション


スマートアシスト

【ACCの性能】

全車速追従機能付ACC(アダプティブクルーズコントロール)

※先行車が停止すると自動で停止、停止保持時間は最長約3分

先行車が発進している状態で「+RES」スイッチを押すか、アクセルを踏むと追従走行に戻ります



2016年11月9日発売〜

ダイハツ「トール」

ダイハツが開発して親会社のトヨタやスバルにもOEM供給されています

トヨタ名は「ルーミー」「タンク」、スバル名は「ジャスティス」


2016年11月9日発売〜

ダイハツ「トール」にACCアダプティブクルーズコントロールは搭載されていません

グレード「G」以上に定速で走行するクルーズコントロールが装備されています

※先行車に追従して速度のコントロールは出来ないので注意が必要です




【まとめ】

ダイハツ自動車が販売する小型ハイトールワゴン

「トール」

全車速追従機能付きACC(アダプティブクルーズコントロール)搭載車なら

2020年9月15日発売〜現行モデル(2023年2月現在)から

ACCが標準装備されている

グレード「カスタムG」「カスタムGターボ」

を選びましょう


値段重視なら

2020年9月15日発売〜現行モデル(2023年2月現在)

グレード「G」

にメーカーオプションで「全車速追従機能付きACC&電動パーキングブレーキ」のセット(値段は税込み44000円)を付けるのがおすすめです

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す