ACCクルーズコントロール情報館

便利なアダプティブクルーズコントロール搭載車などの情報発信プログ

Home » ホンダ » ホンダ【フィット】ACCアダプティブクルーズコントロール搭載状況

ホンダ【フィット】ACCアダプティブクルーズコントロール搭載状況

calendar

reload

ホンダの人気コンパクトカー

【フィット】

フィットは2001年6月22日に「ロゴ」の後継者として初代が発売

以来ホンダを代表するロングセラー車種となっています

現行モデルは2020年2月14日にフルモデルチェンジがおこなわれた「4代目フィット」です

今回は1300cc〜クラスのコンパクトカー

ホンダ「フィット」のACCアダプティブクルーズコントロール搭載状況を紹介します


2022年10月7日発売〜現行モデル

4代目マイナーチェンジ

ACCアダプティブクルーズコントロール搭載状況は

全グレードに標準装備されています


【価格・グレード】

ガソリン車 1.3L

グレード「ベーシック」約159万円〜

グレード「ホーム」約183万円〜

グレード「RS」約196万円〜

グレード「クロスター」約207万円〜

グレード「LUXE」約215万円〜

ハイブリッド車 ※e:HEV 1.5L

グレード「ベーシック」約200万円〜

グレード「ホーム」約218万円〜

グレード「RS」約235万円〜

グレード「クロスター」約242万円〜

グレード「LUXE」約250万円〜


【ACCの主な機能】

渋滞追従機能付きACCアダプティブクルーズコントロール

停止保持機能あり

※先行車が停止したら、自車も自動的に停止。先行車が走り出したら、スイッチ操作またはアクセルを踏めば、追従走行を再開

レーンキープアシスト(LKAS)

※車線維持支援システム(LKAS)は、約65km/h以上の速度で走行中に作動

トラフィックジャムアシスト(渋滞運転支援機能)

※高速道路などでの渋滞時、自車の走行車線をキープするようステアリング操作をアシスト


2020年2月14日発売〜

4代目フィット

ACCアダプティブクルーズコントロールは全グレードに標準装備となっていますが

「ベーシック」グレードに関してはメーカーオプションでホンダセンシングを非搭載にする事も出来たので、中古車を買う際は注意が必要です


【ACCレビュー動画】

新型フィット・高速でホンダセンシング(全車速追従式クルーズコントロール)を使ってみたら、快適過ぎた!



2017年6月30日発売〜

3代目フィット

マイナーチェンジ

この年代から「ホンダセンシング」がはじめて採用されました

ACCアダプティブクルーズコントロールは

一部グレードに標準装備されています

搭載グレードは「ホンダセンシング」の記載があり

ACCの性能

渋滞追従機能付きではありません

時速30kmを下回るとACCは解除されるので、ドライバー自身でブレーキを踏んで停車させる必要があります



2017年6月30日以前に発売された年式の

フィットにはACCクルーズコントロールは搭載されていません



【まとめ】

ホンダ自動車の「フィット」でACC搭載車なら全車速追従機能付きになって停止保持機能もある2020年2月14日発売の4代目フィットがおすすめです

中古車なら2017年6月30日発売〜3代目マイナーチェンジ以降の年式から「ホンダセンシング」搭載グレードを選びましょう