ACCクルーズコントロール情報館

便利なアダプティブクルーズコントロール搭載車などの情報発信プログ

Home » ホンダ » ホンダ【ステップワゴン】ACCクルコン搭載年式は?

ホンダ【ステップワゴン】ACCクルコン搭載年式は?

calendar

reload

5ナンバーミニバンの先駆け

ホンダの【ステップワゴン】

ステップワゴンは1996年に初代が誕生

現行モデルは2022年5月にフルモデルチェンジがおこなわれた6代目

長年に渡って愛されるロングセラーミニバンです

今回はホンダの人気ミニバン「ステップワゴン」のACCアダプティブクルーズコントロール搭載情報を紹介します


2022年5月27日発売〜現行モデル

6代目ステップワゴン

現行モデルのステップワゴン

ACCアダプティブクルーズコントロール

全グレードに標準装備されています


【グレード・価格】

ガソリン車 1.5L

グレード「AIR」約305万円〜

グレード「SPADA」約331万円〜

グレード「SPADA PREMIUM LINE」約353万円〜

ハイブリッド車 eHEV 2.0L

グレード「AIR」約344万円

グレード「SPADA」約370万円

グレード「SPADA PREMIUM LINE」約391万円


【ACCの主な機能】

渋滞追従機能付きACCアダプティブクルーズコントロール

停止保持機能あり

※先行車が停止したら、自車も自動的に停止。先行車が走り出したら、スイッチ操作またはアクセルを踏めば、追従走行を再開

レーンキープアシスト(LKAS)

※車線維持支援システム(LKAS)は、約65km/h以上の速度で走行中に作動

トラフィックジャムアシスト(渋滞運転支援機能)

※高速道路などでの渋滞時、自車の走行車線をキープするようステアリング操作をアシスト

先行車発進お知らせ機能


【ACCのレビュー動画】

新型ステップワゴン 高速道路検証 アダプティブクルーズコントロールやレーンキープアシスト


HONDA【新型ステップワゴン】実は…最強のミニバンだった!納車後、高速道路走行初体験!超快適なクルーズコントロールの使い方は?HONDA New STEP WGN e-HEV ハイブリッド 2023



5代目ステップワゴン

2017年9月28日発売〜マイナーチェンジ

2017年9月28日発売〜

5代目ステップワゴン〜マイナーチェンジ

ACCアダプティブクルーズコントロールは

全グレードに標準装備されています


【ACCの性能】

ハイブリッド車には全車速追従機能付きのACC

停止保持機能あり

ガソリン車は時速30kmを下回るとACCが自動的に解除されるのでドライバー自身でブレーキを踏んで停止させる必要があります



2015年4月発売〜

フルモデルチェンジがおこなわれた

5代目ステップワゴン

2015年4月24日発売〜

2分割にされたバックドア「わくわくゲート」が特徴的な

5代目ステップワゴン

ACCアダプティブクルーズコントロールは全タイプにメーカーオプション(ホンダセンシング)となっています


2016年5月13日発売〜

5代目ステップワゴン「一部改良」

従来はメーカーオプション設定だった「Honda SENSING」「G」系とスパーダに標準装備


【ACCの性能】

アダプティブクルーズコントロール

設定可能な車速30km〜100km

※時速30kmを下回るとACCが自動的に解除されるのでドライバー自身でブレーキを踏んで停止させる必要があります




【まとめ】

ホンダ自動車の人気ミニバン「ステップワゴン」ACCアダプティブクルーズコントロール搭載車なら

全グレードに渋滞追従機能付きで全車速対応、先進の運転支援システムが搭載さた

2022年5月27日発売〜

現行モデルの「6代目ステップワゴン」がおすすめです


中古車なら

2017年9月28日発売〜

全グレードにACCアダプティブクルーズコントロールが標準装備された

5代目ステップワゴン〜マイナーチェンジ以降のモデルを選びましょう

2分割バックドアの評判があまり良くなかった「5代目」は価格面では狙い目かもしれませんね

※注意点としては5代目ステップワゴンのACCはハイブリッド車は電動ブレーキ搭載で全車速対応、ガソリン車は時速30キロを下回るとACCが自動的に解除されるので気をつけましょう